本物の広島カキを。

[写真]米田海産で採れたカキ

カキは栄養価の高い食品として古来より世界中で食されてきました。
広島湾は島に囲まれた独特の地形、川からの豊かな栄養のおかげでカキの
成育に適しており、広島のカキは全国シェアの半分以上を誇ります。
米田海産は100年以上にわたり、広島生まれで広島育ちのカキを作り続ける
ことにこだわり続け、広島の味をとことん追求してきました。
平成23年には広島の特産品として特に優れたものとして、広島市より「ザ・広島ブランド 味わいの一品」にも認定され、自信を持っておすすめできる「本物の広島カキ」です。
生産者直送ならではの新鮮で高品質なカキ、味わい深い純広島産のカキを
是非、ご賞味ください。

お知らせ

2019.11.5
牡蠣の出荷が始まりました。
江波地区の紹介ということで、開始日にあわせて
地元の中国新聞社さんが取材に来られました。
取材を受けているのはベテランの大久保さんです。
当社では、40~80代の打ち子(牡蠣をむき身にする
スタッフ)20名あまりが毎日夕方まで牡蠣打ちに
いそしんでいます。
2017.11.16
楽天市場のスクリーンショット当社はこのたび、楽天市場内に出店しました!

現在はむき身と冷凍の商品を販売しておりますが、
冷凍の商品は美味しい時期の牡蠣で作ったので、
良い出来栄えと自負しています。
必要な分だけ使えるのも便利です。

これから品揃えを増やしていく予定ですので、ぜひ
牡蠣の老舗米田海産 楽天市場店」にお越しください。
2017.6.30
表彰状 創業百十周年米田海産はこのたび創業110周年を迎えました。
二度の大戦があり、原爆のあとの混乱も乗り越え、
ここまでたどり着くことが出来るとは創業者の
米田米一も想像していなかったかもしれません。

牡蠣養殖を取り巻く環境は、地球温暖化、
海の貧栄養化など、決して楽観できるものでは
ありませんが、120年、130年と続けていくのが
引き継いだ者達の使命だと思い、これからも
牡蠣の生産一筋に励んでいく所存です。
2017.4.6
ザ・広島ブランド認定証4月に入りましたが、牡蠣の出荷はもう少し続きます。
冬が終わると牡蠣の出荷も終わり、と思って
いらっしゃる方も多いと思いますが、冷凍牡蠣・乾燥牡蠣向けにだいたい5月の終わりくらいまで出荷しています。

さて、このたび新しい「ザ・広島ブランド」の認定証が届きました。
平成23年に認定されて以来、これで再々認定ということになります。
「広島の特産品として特に優れており」とのことなので、この文言に恥じないよう、
努力して参りたいと思っております。